旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間 鳥取境港の「遊び心」と「温もり」に溢れているお宿

「旅の宿家」鳥取境港”縁”


――旅を愛し、旅を知り、旅を学び、旅を語り合う空間――。
「旅そのものと境港・水木しげるロードを楽しむ」をコンセプトにした、旅人同士の対等な関係性と偶然の”縁”を大切にしている「旅宿」です。
「水木しげるロードもしくは美保関、隠岐などへの旅・観光」という「目的地意識」を持って楽しんでいただくことを重視しています。
「予約ルール」は厳しめに定めていますが、滞在中だけでなく「予約時から帰宅するまで」のサポートを丁寧に行い、
より楽しい旅になるよう努め「信頼」の下で「自由」に過ごしていただいています。
併せて「公共交通機関を使った旅のプランニング」に尽力しています。


 
 
ゲストハウス未経験者や子ども連れのご家族が委縮・遠慮せず過ごせる、健康的な空間づくりに拘っています。
「子どもがコミュニティスペースで遊ぶ宿」であるのと、水木しげる先生や水木作品のファンをはじめ、
旅そのものが好きな人の“想い”を擽る資料や書籍、“遊び心”いっぱいのレイアウト、そしてご宿泊いただいた
方々からの温かいメッセージにあふれています。



「コミュニティスペース」は、自由に、気軽に寛げる雰囲気を大切にしながら「翌日の計画を立てる」
「次に旅したい場所を探す」「旅の魅力を再認識する」――などとしてご活用いただけるよう努めています。
自らが旅先で集めた膨大な観光資料と経験を生かした「全国各地への公共交通機関を使った旅のプランニング」には、
絶対の自信あり。併せて、まちづくりや観光学を専攻する学生など、旅を「学ぶ」人を歓迎しています。



 
1階は4人部屋の女性専用ドミトリー。洗面所とトイレを含めた女性専用エリアです。
2階は畳部屋の個室2室。「子ども連れのご家族」からのご予約がある日は「隣室も子ども連れのご家族で揃える」とし、
委縮・遠慮せずに過ごせるよう「相性」を整えています。
古民家を改修したゲストハウスのため、一般的なホテルや旅館とは設備や様式が異なります。
美しさやおしゃれさは全くありませんが、その分「遊び心」と「温もり」にあふれています。




「一人旅または少人数グループの女性客」が約60%、「子ども連れのご家族」が約35%です。
建物の構造上の観点と「中学生以下を積極的に受け入れる方針」などから、大人のみの大人数グループやご夫婦、
男性のみでのご利用については制限を設けておりますので、合わせて5%ほどです。
95%以上が日本人観光客で「水木しげるロードの観光が目的の人」が全体の80%以上を占めます。



ゲストハウス未経験者や子ども連れのご家族が委縮・遠慮せず過ごせる、健康的な空間づくりのため「相性」を考慮して販売しています。
「予約」に重点を置き「予約ルールを遵守していただくこと」で信頼関係の構築に努めています。
「安易に電話で質問される人、予約時に必要事項を記載しない人」などには応じておりません。
「文書でのやり取りが迅速で丁寧な人は、目的地意識が強く、マナー違反を犯さない」と判断しており「信頼」の下「自由」に過ごしていただいています。
宿内の厳守ルールは「客室内飲酒不可」と「門限22:30」のみです。


 
 
「水木しげるロード」に関しては特に時期は問いませんが、春休みや夏休み、年末年始やクリスマスは「期間限定のライトアップ」があります。
出雲大社へも観光されるなら「神在月」の10月ごろ、大山や隠岐へも行かれるなら春~秋です。
「食」に拘りがある人でしたら「白ネギ/梨/モサエビ/松葉ガニ」など、それぞれにおいしい時期があります。



 
「水木しげるロード」は宿から30秒と「側近」。まちづくりに関する創世期の資料などもそろっており「原点」の魅力をお伝えいたします。
ご宿泊が1組(1人)だけの日は、夜間ライトアップなどに同行し、“小ネタ満載”で詳しくご案内いたします。
美保関、隠岐、大山エリアへ行かれる人も多いので、資料類を取り揃えております。また、出雲大社周辺の店舗情報なども詳しいです。
さらには、鳥取・島根両県内の主な観光地に関する資料を常備しているほか、自らが旅先で集めてきた資料と経験を生かし、全国各地への旅のご相談に応じております。


  
「予約ルール」は明確に定めています。ご予約の際は「境港に宿泊する理由や旅の目的、“想い”」を具体的に記してください。
「予約からの迅速丁寧な応対→信頼関係の構築→自由に過ごしていただく」となりますので、ご理解をお願いいたします。
基本的に電話でのお問い合わせ・ご予約は承っておりません。
「観光地のアットホームな民宿」や「昭和時代の旅宿らしさが残るユースホステル」のような方針で運営しており、
「仲間内だけや大勢で楽しみたい人/飲酒による交流を望む人/目的が旅・観光でない人/安く寝られればいいだけの人」
など向けではありませんので、ご理解・ご了承をお願いいたします。




オーナー:妖怪さん!(^^)!
日本テレビで放映されていた「アメリカ横断ウルトラクイズ」を見て旅に興味を持ち、国内旅は200回以上。
特に北海道が好きで「冬まつり」を中心に40回以上は訪ねています。
沖縄を除く46都道府県を踏破し、山形と熊本を除く44都道府県に宿泊(2020.03現在)。
境港・水木しげるロードへは「”遊び心”に徹底したまちづくりで、ゼロから年間100万人以上が訪れる観光地を築き上げたこと」と
「境水道越しに島根半島が望める独特の景観」に惹かれ、1998年ごろから何度も旅し、好きが高じて移住しました。

旅・観光資料蒐集以外の趣味は、駅伝観戦&レポート、高校野球観戦、写真、音楽鑑賞&レコード収集(EP盤900枚以上)、
推理小説&ドキュメンタリー本など。自分で言うのもですが「かなりの読書家」。
「アメリカ横断ウルトラクイズ」「鳥人間コンテスト」「大食い選手権」「高校生クイズ」の超マニアで、
損得勘定抜きで情熱を傾ける姿に惹かれますし、いつまでも自分も、そんな生き様です。

好きな言葉は「情熱」と「純粋」、一方で嫌いなのは「儲ける」「稼ぐ」を基準に話をされること。
「人見知りが激しい子どもにも懐かれる」のは特技。性格的には内向型で、データを尊重し、理屈で納得して行動するタイプ。
感覚的な人は苦手。電機や機械、建築など「工業系」のものに全く関心がなく、ギャンブルや格闘技も駄目。酒は全く飲めません。

Photo Gallery

 

名称 「旅の宿家」鳥取境港”縁”
ホームページ 【公式サイト】http://guesthouse-en.jimdo.com/
SNS  
所在地 〒684-0004 鳥取県境港市大正町59-1
   

関連記事

  1. ゲストハウス岐阜羽島心音

  2. SHARIN Kanazawa Traveler’s Inn

  3. お子様歓迎の小さな宿 猪苗代 ペンションすまいる

  4. とまとゲストハウス

  5. ペンションロック

  6. ペンションOHANA